シニアライフをゆっくり楽しく心豊かに

最新ニュース記事をシニアが解説するほのぼのサイト

白鵬が九州場所前に断食し1000勝達成 身長と体重は?

      2017/07/30

Pocket

追加;2017年名古屋場所で白鵬が39回目の優勝を達成した。
また、魁皇の通算勝ち星1047勝も更新し1050勝という大変な記録を作った。
この1年間の地道な基礎体力作りが実ったということだろう。

追加;2017-05-30
夏場所で白鵬が全勝優勝しました。
1年ぶりの優勝ですが、地道なリハビリをして怪我を克服して結果ですね。
この断食もリハビリの一貫だったようです。さすが大横綱ですね。
-------------------------------------------------------
大相撲の横綱白鵬が、3人目の通算1000勝を達成しました。
まだ31歳なので、これからどこまで記録を伸ばしていくかが注目されていきますね。
先場所全休したので、初日が注目されましたが、曲者の隠岐の海を難なく下し、4日目まで相手に相撲を取らせない姿を見ると、まだまだ記録はどこまで伸びるか見当がつきません。

Sponsored Link

☆入門当時の身長と体重は?そして現在は?

2001年の入門時は、身長が175cm、体重は68kgだったそうです。
だからスポーツ選手としても普通というか今では小柄の部類になりますよね。
白鵬は15歳の時に他の6人のモンゴル人とともに、旭鷲山をつてに日本へ来たそうです。
しかし小柄な白鵬を受け入れてくれる相撲部屋は無かったそうですが、相撲をしたいという強い気持ちを持っていた白鵬を哀れに思った旭鷲山が、元大関の旭國に相談し、仲の良かった宮城野親方に受け入れを頼んだそうです。

当時の白鵬は16歳でしたが、そこから3年間で身長が15cmも伸びたそうです。
現在の身長は192cmで体重も155kgにまでなりましたね。

親方もまずは体を大きくさせたいと思ったらしく、最初の2か月間は稽古をさせないで、ひたすら食べさせることにしたそうです。
いくら成長期の少年だったとは言え、それなりに大変だったのではないかと想像できますね。
白鵬もよく食べたらしく、余程相撲を取りたかったのでしょう。
牛乳もたくさん飲んだそうですから、筋肉や骨もどんどん成長したのでしょうね。

私の母も小さい頃は田舎で育ったので、牛乳やヤギの乳もたくさん飲んでいたようで、骨太でした。
だから風邪もあまり引いたことがなかったように思います。
私の父は、もともと体が弱くて貧弱な体でしたが、母と結婚してからは牛乳を毎朝飲むようになりだんだん体も強くなっていったようです。
最近は牛乳を飲む習慣が減っているようですが、丈夫な体を作るということでは、小さいときから牛乳をちゃんと飲む習慣は良いと思います。

横綱白鵬

 

☆嫁さんは日本人で美人 子供は3人

白鵬のお嫁さんは綺麗な人ですね。
そして、お子さんも3人いるそうです。

白鵬と嫁さんとの馴れ初めは、嫁さんのお父さんが朝青龍の後援会だったそうで、朝青龍のパーティーに出て白鵬と知り合ったようです。
たぶん白鵬が一目ぼれだったのではないかと思いますが、結婚は2007年ということですから22歳の時だったということでしょうか。
嫁さんも同い年らしいので、今の時代にしては早かったですね。

そして一男二女を設けていますが、男の子は相撲界に入るかどうかが興味深いですね。
白鵬のお父さんはモンゴル相撲で5年連続6回優勝したそうで相当強かったみたいですから、その血筋を引いた白鵬も素質を十分開花させたということですね。

Sponsored Link

☆異例の断食で臨む九州場所

白鵬は異国の地で苦労したと思いますが、相撲のことを良く勉強しているようです。
嘗ての優勝インタビューでもそのあたりの言葉が印象に残っていますが、天皇への
お礼の言葉を述べたことでは、話題になりましたね。

股をしっかり割って足腰を低くした立ち合いだからだろうか、身長192cmには見えないですね。
稀勢の里は上体ばかりに神経がいって、足腰の事を忘れているところがありますね。
四つに組んだ時でも棒立ちに見えることがよくあります。
白鵬のように足腰に意識をしっかり持って、腰で寄っていく姿勢が出来れば安定するのにといつも思います。

先場所は怪我で全休となりましたが、体をもう一度引き締めなおすということで、3日間の断食をしたそうです。
そして体重も147kgになったそうですから約8kg減量したということですね。
そのおかげで体も軽くなって、悪いところもすべてきれいに取った、と言ってます。
また、肉を食べたいと思わないし、体重は160kgもいらないという気持ちだそうです。
152,3kgがちょうどいいそうです。
私もそうだと思います。
昔の大鵬柏戸も150kg前後だったのではないでしょうか。
今は大型力士が多いですが、相撲は大きければいいというものではないということは、
歴代の大横綱を見ても明らかですね。

白鵬は誰が見ても文句なく大横綱ですからそれを物語っていると思います。
これから白鵬に求められるのは、土俵上での態度や仕草ですね。
特に肘打ちみたいなかち上げや、土俵際での駄目だしなどはやめてほしいです。
大横綱としての品格が問われます。

せっかくの大記録が台無しにならないよう、後世に長く残るような風格をもっと身に着けてほしいと思います。

 - 大相撲 , , ,