シニアライフをゆっくり楽しく心豊かに

最新ニュース記事をシニアが解説するほのぼのサイト

円楽の息子・会 一太郎が結婚 声優と落語家の二刀流 本業は?

      2017/04/08


☆お相手の佐々木愛さんは同じ声優で姉さん女房かも?

会一太郎

6代目三遊亭円楽師匠の息子さんである会一太郎さんが、同じ声優仲間の佐々木愛さんと結婚したそうです。
おめでとうございます。
会一太郎さんは、1987年11月12日生まれですから現在28歳ですね。
お相手の佐々木愛さんは、年齢を公表していないので不明ですが、個人的印象ではたぶん一太郎さんよりも少し上ではないかって感じがしますがどうでしょうか?

馴れ初めはよくわかりませんが、同じ青二プロダクション所属なので、いわゆる職場結婚ということになるでしょうか。
いつも顔を合わせていれば自然と付き合うことになりますから、きっとうまく気が合ったということでしょう。

一太郎さんは結構なイケメンですよね。
お父さんに少し似ているとは思いますが、顔はお母さん似なんでしょうか?
円楽師匠の奥さんは美人なんですかね。
それなのに円楽師匠は、先日は週刊誌沙汰になって騒がれていましたが、まだまだ元気なようですね。
息子さんもイケメンなので、気をつけたほうがいいかもなんて余計な心配してしまいます。

☆会一太郎は落語家で、二つ目として活動

Sponsored Link

一太郎さんは円楽師匠の長男として、2009年4月に当時の三遊亭楽太郎に弟子入りしています。
高座名は三遊亭一太郎だそうです。
そして2012年4月には二つ目に昇進したようです。
前座とは違い、一人前として活動できる立場になったということですね。

声優としては、2008年3月に青二プロダクションの養成所となる青二塾の第28期生として卒業しています。
ですから落語家になる前から声優として活動していたようですね。
ネット上でも落語家よりも声優として扱われることが多いようですね。
会一太郎が本名だそうですが、会は本来は會という字だそうです。
そういえば円楽師匠も本来は圓楽師匠ですね。

ということで活動歴は声優のほうが長いことになるようです。
元々はゲームが好きでのめり込んでいたようで、ゲームプレーヤーでもあるそうです。
声優になった切っ掛けもゲームのキャラクターの声からみたいですね。
ゲームプレーヤー仲間では、[かまたろう]という愛称で親しまれているそうです。

本来は落語家志望でもあったそうですが、お父さんとは違う方向を目指したかったようです。
子供というのは親の思う通りにはなりません。親を乗り越えていくものですよね。

円楽師匠は66歳だそうですから世代間の考え方や感性がまったく違うと思います。
小さいころからゲームやネットサーフィンが当たり前の世界で育った世代ですから、
我々シニア世代には思いつかない思考の違いがあるのだと思います。
落語家がテレビドラマに出たりするのは良くありますが、声優を職業にするというのは初めてではないでしょうか?
また歌舞伎や能の世界でも若い世代が新しいことにチャレンジしています。

そういう意味では若いときに、色々と違う分野にチャレンジするのは良いことだと思います。
ただし、どっちつかずになるのは注意したほうがいいですね。
やはり本業は何かを意識しているのといないでは違うのではないでしょうか?

一太郎さんも落語家として二つ目になって4年経ちますから、将来の姿をイメージしておくのは必要でしょう。
人生は長いようで短いというのは、歳をとると痛感します。

お父さんである円楽師匠も楽天家に見えますが、跡継ぎはやはり気になるところだと思います。

 - 芸能 , , , ,