シニアライフをゆっくり楽しく心豊かに

最新ニュース記事をシニアが解説するほのぼのサイト

安藤サクラの旦那は共演俳優で父は俳優兼映画監督 芸術一家で演技力は抜群

      2017/05/14


○父は俳優であり映画監督でもある奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津

安藤サクラ

現在、日本テレビで放映中のドラマ『ゆとりですがなにか』で、存在感のある好演技を見せている安藤サクラさん。
今までも何かで見ていたと思うのですが、とても演技が上手でついつい引き込まれてしまいます。

実は、彼女のお父さんは俳優兼映画監督の奥田瑛二さんで、母親はエッセイストの安藤和津(かづ)さん。
そしてお姉さんは映画監督の安藤桃子さんということで、芸術一家に囲まれています。

奥田瑛二さんは、私と同年代で私も若い時からテレビや映画で良く知っているので、ちょっとびっくり。
飄々とした感じはお父さんの面影がありますね。

お母さんの安藤和津さんは、エッセイストです。
祖父が元内閣総理大臣の犬養毅ということだから凄い。
また評論家の犬養道子も親戚関係になるそうです。

○日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を獲得

こういう家系に育った安藤サクラさんは、2016年3月の日本アカデミー賞で「最優秀主演女優賞」を受賞しました。
受賞した映画は2014年公開の「百円の恋」というちょっとタイトルが風変わりな映画です。
そのほか今までに数々の映画やテレビドラマに出演し、その演技力は認められています。
キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞や主演女優賞などを受賞しています。
NHK朝ドラ『あさが来た』では宮本ミツ役を、フジテレビのショムニ2013では 安倍麗子役を演じています。

○結婚相手は俳優の柄本佑さん

柄本祐

安藤サクラさんは、2012年3月に俳優の柄本佑さんと結婚しています。
この柄本佑さんの父親は、あの有名な柄本明さんです。
お父さんに似てちょっと変わった風貌ですが、NHK朝ドラ『あさが来た』でも好演しその存在感はお父さん譲りですね。
この方も数々のテレビドラマや映画に出演し、幅広い役柄をこなしています。
2人の出会いの切っ掛けは、2008年の『あきた十文字映画祭』だそうですが、祐さんの弟の時生さんの応援もあったようです。
なんかとてもお似合いなカップルで違和感がありませんね。
こういう自然なカップルは若い人達もぜひ参考にしてほしいです。
結婚と言うものは理屈よりも直感がほとんどで決まります。
肌が合うか合わないかですね。
ホントに不思議なものです。男と女の関係っていうのは。

そこに打算とか見得とかが入ってくるとおかしくなります。
余計なことを考え出したらその結婚はやめたほうがいいです。
結婚と言うのは何か赤い糸で結ばれているようだといいますが、そうかも知れません。
だから人間ていうのは面白いのだと思います。

○ドラマの行方を楽しみに

Sponsored Link

さて、ドラマ『ゆとりですがなにか』は宮藤官九郎の脚本で、出演俳優は岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥がゆとり第一世代として社会で働きながら、色々な壁に行き当たりながら生きることの葛藤を演じています。
みんな実力のある俳優さん達なので、とても面白いです。

食品会社の営業マン坂間正和役を岡田将生さん、同い年の小学校教員・山路一豊役を松坂桃李さん、
風俗店の呼び込みをする道上まりぶ役を柳楽優弥さんという配役です。
坂間正和の交際相手である宮下茜の役を安藤サクラさんが演じています。
微妙な女心を巧みに演じているので楽しいです。

相手の坂間君よりも仕事が出来るので、職場の立場が上です。
そして仙台支店への栄転を告げられますが、
本人としては仕事よりも彼氏をと思っています。

一旦は坂間君から別れようと言われて、心の動揺を必死に堪える表情は秀逸です。
一方、坂間君も彼女を思う気持ちを捨てきれず、のた打ち回っています。

松坂演じる山路先生や、柳楽演じる道上まりぶも、それぞれの違った生き方が見る人の心を引き付けます。

人はみんな自分の人生を必死に生きています。
どんな人生を生きていくかは、人それぞれで、同じではありません。
だから他人と比較するのは、あまり意味がありません。

どれだけ深く自分と向き合い、真剣に考えたかによります。
最後はどういう結末になるのでしょうか?
楽しみに見て行きましょう。

 - 芸能 , ,